プロテオグリカンの食べ物

軟骨を食べる

プロテオグリカンは日本で鮭の鼻軟骨、つまり氷頭の部分から抽出する方法を成功させています。いままで1g3000万円とも言われていた、牛の軟骨から抽出していたプロテオグリカンよりずっと安価で安全なプロテオグリカンが手に入るようになりました。ではそんなに魅力的なプロテオグリカンなら軟骨を食べてしまえばいいのではとこんなことを考えるのも当然です。

 

まず、どのようなところに多く含まれているのかというと、豚や牛、鶏の軟骨やトサカに多く含まれています。鶏の軟骨など焼き鳥でも美味しい部分です。しかし残念ながらどれも熱を加えてしまうとプロテオグリカンは台無しに。そこで生で食べられるというと、やはり鮭の氷頭のみのようです。

 

鮭の氷頭を食べる

昔から北海道や青森、新潟などの鮭がたくさん捕れるところでは、氷頭なますが食べられていました。氷頭の部分を薄く切って塩で揉み、30分ほど酢に晒しておきます。大根を細く千切りにして塩でもみ、甘酢で和えて氷頭も入れて酢の物としていただきます。しかし作るのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

サプリから摂取するのが手軽で安心

サプリから摂取するのが手軽で安心

いろいろ考えるとやはりプロテオグリカンを摂取するのは、食べ物から摂取するよりサプリの方が簡単だと言えそうです。鶏の軟骨や豚の軟骨などは生で食べることは危険です。他にもイカの軟骨にも含まれていますが、あの固い軟骨はなかなか食べられません。プロテオグリカンを摂取するなら質のよいサプリを選択するのがよさそうですね。

プロテオグリカンサプリを比較