プロテオグリカンの原材料について

日本で抽出に成功した鮭からのプロテオグリカン

今までは輸入に頼っていたプロテオグリカンですが、1g3000万円とも言われている高価な成分だった時代もありました。だから驚くほどの働きが分かっていても、プロテオグリカンという成分の名前は、一般の人の間ではほとんど言われていなかったのです。

日本で抽出に成功した鮭からのプロテオグリカン

しかし弘前大学の研究によって、鮭の頭にある鼻軟骨から抽出することに成功し、今までよりずっと安価に手に入るようになったのです。この技術は日本国内だけでなく、外国特許も取得しています。そのためプロテオグリカンの素晴らしさがまた一般の人たちの中でも取り上げられるようになり、どんどん広がっているのです。そこで今では美容液やサプリなどとなって、どんどん鮭の鼻軟骨から抽出したプロテオグリカン配合の製品が出回るようになりました。

 

鮭の原材料の安全性

鮭の鼻軟骨から抽出されたプロテオグリカンは安全面からも優れていると言われています。牛や豚などの哺乳類軟骨からの抽出したものはBSEや口蹄疫等などの不安があります。また鳥由来のものはトリインフルエンザのリスクも。それに比べて鮭は比較的安心感があります。
また今までアレルギーの報告も注意点もないとのこと。そのような意味でも鮭から摂れるプロテオグリカンはとても安心感があるのではないでしょうか。もともと鮭の鼻軟骨は「氷頭なます」と言い、軟骨を薄く切って大根のなますに混ぜて食べられていました。特に北海道、青森、新潟など鮭が多く捕れるところでは昔からどこの家庭でも食べられていたのです。それだけの食経験があり、安心感があるということになります。

 

他の成分について

日本ではほとんど鮭の鼻軟骨からプロテオグリカンが原材料となっていますが、世界中では他にもいろいろな原材料もあります。例えばスペインでは豚軟骨が原材料であったり、ベルギーではイカの頭部軟骨を使ったりも。他にも牛や鶏の軟骨を原材料にすることもあるようです。

プロテオグリカンサプリを比較